スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相、自ら「愚かな首相かも」発言 政府高官も困惑の表情(産経新聞)

 ■普天間問題での窮地あらわ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題に関し、鳩山由紀夫首相は21日の党首討論で、自らが内外に宣言してきた「5月末の決着」になお意欲を見せた。しかし、首相腹案の「本命」とみられた徳之島案は、地元町長から門前払いを受けた。追い込まれた首相は党首討論で思わず本音を漏らした。「私は愚かな首相かもしれません」-。

 21日朝、首相公邸を出た首相は記者団に、「今日は大変いい天気だ」と晴れ晴れとした様子で語った。続けて、普天間問題を強く意識し、「今、大変厳しい天気かもしれないが、必ず5月末には“五月晴れ”にしないといけない」と決意を示してみせた。

 もっとも、事態は五月晴れどころか土砂降りに近いといえる。14日付の米紙ワシントン・ポストは、普天間問題を解決できない首相について、「哀れでますます愚かな日本の首相」と皮肉った。21日の党首討論では、自民党の谷垣禎一総裁が記事を持ち出し「日本国総理大臣に対する暴言だ」と首相の見解をただした。

 ところが首相は「確かにワシントン・ポストの言うように…」と、酷評記事を自ら追認してしまった。これには、会場の参院第1委員会室に陣取った自民党議員らはあきれ顔で、谷垣氏も「何ですかそれは…」と絶句気味だった。

 平野博文官房長官は記者会見で「首相自身の謙虚さの表れ」と取り繕ったが、政府高官は「あれはちょっとよくないな」と困惑の表情を見せた。

 党首討論で首相は、普天間飛行場の「県外」移設への意欲も重ねて強調した。本命は鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊の移設案とされるが、この案は20日、地元の3町長に明確な「NO」を突きつけられた。滝野欣弥官房副長官が町長らに平野官房長官との面会を打診したが拒否された。首相にとって深刻なのは、この動きについて、首相自身は事前に全く相談されていなかったという事実だ。

 わずか50分間ほどの党首討論の時間中、民主党議員席では居眠りしていたり、うつむいてずっと携帯電話をいじったりしている議員の姿も見られた。図らずも首相の求心力の低下を象徴する党首討論となった。

 自民党の石破茂政調会長は21日の記者会見で鳩山政権の現状をこう表現した。

 「官邸崩壊と言っても過言でない」

帯状疱疹後神経痛治療剤リリカの承認取得―ファイザー(医療介護CBニュース)
改正道交法 70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞)
訪問13回も「懐に飛び込めず」行政が見逃した虐待死、3つの要因(産経新聞)
中国地震 氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)
<大阪市議補選>橋下新党の候補者内定 女性の会社役員(毎日新聞)
スポンサーサイト

家族ら弁護士に相談図る=父のカード取り上げ、借金膨らむ-逮捕の長男・5人殺傷(時事通信)

 愛知県豊川市の会社員岩瀬一美さん(58)方で一家5人が殺傷された事件で、長男高之容疑者(30)の借金をめぐり、次男(24)が弁護士に相談する予定だったことが19日、親族への取材で分かった。
 高之容疑者が岩瀬さんから給与やクレジットカードなどを取り上げていたことも判明。父親名義のカードを使いネットオークションで買い物を繰り返し200万円を超える借金があったといい、岩瀬さんらは法的対応策を検討しようとしたとみられる。
 県警豊川署は、こうした家族の動きが同容疑者を刺激し、事件につながった可能性もあるとみて調べている。 

【関連ニュース】
ほう助で無職少年を検察官送致=石巻3人殺傷事件
母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷
刺し傷、5人に計44カ所=事件前、トラブル通報8回
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑
小泉被告に死刑判決=「更生可能性ない」

談志さんが高座に復帰=東京(時事通信)
隠したはずが襟元から釣りざお…現行犯逮捕(読売新聞)
強盗殺人 78歳女性殺される 頭部などに切り傷…山口(毎日新聞)
<小池正勝参院議員>離党へ 候補選考に不満(毎日新聞)
<NIE>東京・毎日ホールで新聞活用実践教室(毎日新聞)

<強風>北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)

 気象庁によると、14日午後0時10分現在、北海道広尾町で瞬間最大風速40.6メートルを記録したほか▽北海道えりも町(同36.5メートル)▽山形県酒田市(同31.5メートル)▽青森県深浦町(同31.2メートル)で瞬間最大風速30メートル以上を記録。秋田市や栃木県日光市でも同29メートル強の強風が吹いた。秋田県警警備部によると、秋田市などで6棟のトタン屋根が飛ばされ、大仙市では男性(88)に風ではがれたシャッターが当たり、頭に軽傷を負った。【小林洋子】

【関連ニュース】
強風:交通機関乱れる、90万人の足に影響 関東地方
野焼き3人死亡:突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m
野焼き:ボランティアの男性3人死亡 静岡・東富士演習場
桜開花予想:難しかった…参入の民間3機関
ソメイヨシノ:東京で一気に満開…平年より4日早く

シャープ、デイリーヤマザキにデジタルフルカラー複合機を納入
岡田外相と米大使が電話協議=普天間(時事通信)
鳩山首相が帰国(時事通信)
対北朝鮮制裁1年延長、拉致問題へ消極姿勢で(読売新聞)
「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す-平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)

高齢者向け施設「たまゆら」の運営NPOが解散(医療介護CBニュース)

 咋年3月の火災で入所者10人が死亡した群馬県渋川市の高齢者向け施設「静養ホームたまゆら」を運営していた特定非営利活動法人彩経会(高桑五郎理事長)が、今年3月18日付で県知事からNPO法人の設立認証を取り消され、同日で解散していたことが分かった。高桑理事長が清算人となり、特定非営利活動促進法に基づいた清算手続きに入っているとみられる。
 東京商工リサーチや県によると、負債総額は咋年3月期ベースで約3000万円だが、1億円程度にまで膨らむ可能性もある。

 彩経会は1999年に法人設立、翌年に「静養ホームたまゆら」を開設した。東京商工リサーチによると、主に都内の生活保護受給者を受け入れ、実態は有料老人ホームだったにもかかわらず、老人福祉法に基づく届けを出していなかった。加えて、計画性のない増改築を繰り返すなどずさんな施設管理状況で、咋年3月19日の火災で入所者16人のうち10人が死亡した。

 県介護高齢課によると、同会が火災後は有料老人ホームとしての運営はしない意向を示していたため、県では入居者の転居を進めるよう促していた。認証取り消し後も3人が施設に残っていたが、病院や別の有料老人ホーム、親族宅にそれぞれ転居し、入居者は4月1日の時点でゼロになった。


【関連記事】
群馬県が全国初の「高齢者居住安定確保計画」を策定
小規模施設の防火対策検討会が報告書―消防庁
「たまゆら」の悲劇防げ―NPOが地域密着の高齢者介護施設を提案
「都市型軽費老人ホーム」の整備補助で説明会―東京都
「支援付き住宅推進会議」を設立―低所得の要介護高齢者に住まいを

大阪市の平松市長、橋下知事の「大阪都」構想を批判 「幻想、目くらましだ」(産経新聞)
<雑記帳>小遊三、たい平両師匠の古里対決“場外”でも(毎日新聞)
子供のライター遊び火災、5年で28件 新潟県が注意喚起(産経新聞)
通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
<山崎直子飛行士>巨大コンテナ取り付け作業開始(毎日新聞)

<普天間移設>うるま市民団体「反対」申し入れ(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先に浮上している、米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に人工島を建設する構想に対し、反対する市民団体の代表らが5日、首相官邸で滝野欣弥官房副長官に白紙撤回するよう申し入れた。政府内で人工島案に関し「地元に受け入れ機運がある」「環境への負荷は限定的」とする見方が出ていることを打ち消すのが狙いだ。

 団体は元沖縄県議らで作る「与勝海上基地建設計画に反対する市民協議会」の4人。兼城賢次共同代表が「サンゴは死滅していないし、自然も豊か。市長も市議会も、五つの漁業組合も絶対反対だ」と伝え、滝野氏は「生の市民の声も検討しながら進めたい」と応じるにとどめたという。【西田進一郎、山田夢留】

【関連ニュース】
普天間移設:交渉で実務者チーム 首相が設置指示
普天間移設:北沢防衛相が沖縄知事に政府検討案説明か
普天間移設:岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明
普天間移設:「県外に」沖縄知事が要求…官房長官と会談
普天間:「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相

住宅火災、焼け跡に2遺体=80代夫婦か-長野(時事通信)
980人が黙祷 JR西の入社式(産経新聞)
アトピー性皮膚炎治療薬の共同開発に向け協議へ―アンジェスと塩野義(医療介護CBニュース)
首相動静(4月6日)(時事通信)
<クラゲ展示>ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)

【風】高校無償化は「不公平」(産経新聞)

 高校授業料無償化法が31日、成立したが、この連載を始めてから、無償化に批判的な意見も多数寄せられている。

 大阪府岸和田市の男性(62)は、子ども手当とともに《少し甘やかしすぎではないだろうか》という見方。《みんな格差なく平等というのは結果、だめ人間を増殖するように思う。では極端な話、高校へ行けなかった者、行かなかった者には、なんの助成もないということなのだろうか。厳密に言えばそれも不公平である》

 高校進学率は98%に達するが、50歳の男性も《ごく少数とはいえ中卒で働いている人はいるわけだし、彼らは税の恩恵にあずかるどころか税金を払っている。義務教育は中学までなのだから、高校を無償にする意味が分からない》と指摘している。

 確かに、高校へ行く生徒と中卒者の助成格差は広がることになる。前回、子ども手当の導入で私立中受験が増えそうだというデータを紹介したが、無償化で経済的負担が減ることによって高校への進学者もさらに増えるかもしれない。

 中卒で就職する人の中には、家庭の事情で進学をあきらめた人もいるだろう。63歳の男性は《優秀な人が勉強をしたいのに、家族の面倒をみるため、仕方なく就職している》とし、漫然と進学する生徒を痛烈に批判する。《勉強する気もなく、学力もなく、学歴のみ欲しがり、遊びを本分として高校に行っている生徒が多くいます。自分の名前を漢字で書けるだけで、入学できる高校があります。…そんな学校や人間に税金を使ってほしくありません》

 一方、以前紹介した修学旅行などの費用について、奈良市の男性(65)は《華美な修学旅行、行き過ぎたクラブ活動など、学業からは若干外れているような風潮も長引く不況の中、是正すべきではないか》と提案する。

 ちなみに大阪府内には、修学旅行の行き先がスキー場と遊園地、という高校もある。「修学」旅行として適切かどうか、学習費の使い方としてこれでいいのか、意見が分かれそうだ。

 今回は比較的、年配の方からのご意見を紹介した。では、若い人たちは、どのように考えているのだろうか…。(健)

たこフェリー「あさなぎ丸」 あす最終航海 18年の思い かじに込め(産経新聞)
【あれから、15年 警察庁長官銃撃事件】(下)浮上したもう一人の男(産経新聞)
「早く出して」子供たちはパニック 高槻バス炎上事故(産経新聞)
【くらしナビ】生理用品、積極的に選んで 自分の体を知るきっかけに(産経新聞)
<地震>茨城県南部で震度3=午前10時29分(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。