スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<豊島>産廃問題、忘れさせない 公害調停10年で植樹や集会(毎日新聞)

 ◇完全撤去へ団結

 大量の産業廃棄物が不法投棄された香川県の豊島(土庄町)。国の公害調停が成立して丸10年を迎えた6日、記念の植樹や集会が豊島であり、住民や弁護士、市民団体、真鍋武紀知事ら約200人が参加した。この10年の歩みや住民運動の意義、それぞれが主体的に行動して問題の解決を目指す「共創の理念」を確認。「廃棄物の処理を最後まで終了させるよう努力を続ける」「心豊かで緑豊かな島、環境保全のシンボルに」などと、産廃の完全撤去と島の再生に向けた決意を新たにした。【三上健太郎、広沢まゆみ】

 産廃関係では6年ぶりに豊島を訪れた真鍋知事は処分地に出向き、「豊島のこころ 資料館」前に島の再生を願ってオリーブ2本を植樹した。「豊島を出発として環境を大事にする県にしていきたい」という思いを込め、「豊島からの環境立県」と記した碑も立てた。

 その後、調停成立時の住民側のリーダーで、01年に亡くなった安岐登志一さんの墓に参った。安岐さんの妻英子さん(76)は「主人も喜んでいます」と感慨を語った。

 土庄町立豊島小体育館で行われた集会では、調停申請人549人のうち、亡くなった200人以上の住民に黙とうをささげた。真鍋知事、豊島廃棄物処理協議会の岡市友利会長、豊島廃棄物等管理委員会の永田勝也委員長、大川真郎弁護士が、10周年の思いを語った。

 真鍋知事は「安全と環境保全を第一に、情報公開を徹底する」と改めて約束。早稲田大教授の永田委員長は、「循環型社会の目指す方向性はリサイクルではなく、できるだけごみを出さないことだ」と解説。教育現場での取り組みや豊島で学ぶ意義を語った。

 集会を終え、廃棄物対策豊島住民会議の浜中幸三議長(63)は「10年たって関心は薄れてきたが、もう一度初心に帰って団結してやっていきたい」と誓い、児島清高さん(35)は「節目の式典で、産廃問題を忘れさせない良いきっかけになると思う」と話していた。

民主参院選公約、「消費税」明記(読売新聞)
91.3%「新聞読む」 新聞協会調査(産経新聞)
北辰不動産、オフィス・貸事務所のポータルサイト「AZplus office (アズプラスオフィス)」をオープン!
JR中央線で信号トラブル、快速運転見合わせ(読売新聞)
「日本人に敵意」… 日本語言い違え、慌てて「世界で最も尊敬できる人」(産経新聞)
スポンサーサイト

人生をしゃぶられた夫婦 裁判官「二度と来るな」(産経新聞)

 「どうして覚醒(かくせい)剤のことを“シャブ”と言うか分かりますか」

 東京地裁で26日に開かれた公判。覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われた男性被告(45)と女性被告(43)にそれぞれ懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した後、男性裁判官が証言台の前に立つ2人に問いかけた。

 2人が黙ったままでいると、裁判官は穏やかながらもきっぱりとした口調で続けた。

 「人生をしゃぶられてしまうからです。覚醒剤に人生を支配されてしまうんです。そういう人をいっぱい見てきました。(覚醒剤を)やめるには、よっぽど固い決意が必要なんですよ」

 男性被告は今年3月31日、都内の路上に停車中の乗用車内にいるところを警察官から職務質問を受け、車内から微量の覚醒剤が見つかったため、同法違反の現行犯で逮捕された。その後の家宅捜索では自宅にあったポーチの中からも覚醒剤が見つかったほか、尿から陽性反応が出た同居人の女性被告も同法違反容疑で逮捕された。

 公判の冒頭で、2人はそれぞれの起訴内容を認めた。

 検察側の冒頭陳述などによると、2人が同居を始めたのは平成17年ごろから。ほぼ時を同じくして、「覚醒剤を使ってセックスをすると気持ちよくなるらしい」ということから、ともに覚醒剤を使用するようになったという。

 月々の生活費約30万円のうち約10万円をあらかじめ「覚醒剤代」として決め、男性被告が密売人と連絡を取って購入。この方法で月に5回程度購入し、持ち帰った覚醒剤は2人分に分けて保管していたという。逮捕によって解雇されるまで、2人はそれぞれ首都圏の会社に勤務しており、表向きは通常の会社員と変わらない生活を送っていた。が、実際には頻繁に覚醒剤を使用していたようだ。

 検察官「購入した薬物は何回に分けて使用していたのですか」

 男性被告「1回買った分は1週間…。5回とか6回です」

 検察官「ほぼ毎日使用しているということですか」

 男性被告「はい」

 検察官「(逮捕された)31日も出勤前に軽い気持ちで使っているようだが…」

 男性被告「毎日といっても、毎月必ず5回(密売人から)購入するわけではないので、毎日というわけではありません」

 検察官「違法薬物への感覚がまひしているのではないですか」

 男性被告「そう言われればそうかもしれませんが…。でも、(覚醒剤を)やらない時期は3カ月とか半年とかやっていません」

 「ほぼ毎日使用していた」という検察官の指摘に、男性被告は不満げに反論した。さらに、裁判官とのやりとりでも微妙なニュアンスの違いを強調した。

 裁判官「昨年には芸能人も(薬物事件で)捕まっていましたが、(覚醒剤を)やめようとは思いませんでしたか」

 男性被告「まさか捕まるとは思わなかったので…」

 裁判官「捕まるから、やめるということなんですか」

 男性被告「法的にも、生活の中にそういうものがあること自体良いことではないので、もうやめます」

 裁判官「でもやめられなかったんですよね」

 男性被告「やめられなかったというわけでは…。ちょっと感じが違う。やめなかったというのか…」

 裁判官「覚醒剤をやめるために、これからどうするんですか」

 男性被告「やめます」

 裁判官「あなたはやめようと思ったらやめられるという認識みたいですが、そうじゃないんじゃないの?」

 男性被告「やめます。大丈夫です」

 この後、証言台に立った女性被告も「(逮捕時の)自分の写真を見たら病的で…もう手は出しません」と、男性被告とともに社会復帰を目指すことを誓った。

 判決は執行猶予付きとなったが、言い渡し後に裁判官は「覚醒剤はあなた方が思っているほど甘いものではありません」と切り出し、冒頭の問いに続けた。最後は「もう二度と(裁判所に)来ないように」とクギを刺した裁判官。2人の心にこの言葉が届いていると願いたい。(滝口亜希)

【関連記事 法廷から】
スカウト詐欺繰り返した目的は… 見栄っ張り男の涙
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
カツ丼食い逃げ…ナイフ使い脅した意外な理由
路上で子供を産み捨てた女性被告 無力感漂う法廷
自分だけ成長ない…“焦り”から強盗した元スポーツマン

斎場職員10人を懲戒免職=業者から「心付け」受領―大阪市(時事通信)
<老齢加算廃止>2審も「合憲」判断 東京高裁(毎日新聞)
ついつい「触る・つぶす」7割 ニキビ、ほぼ全員が気になる(産経新聞)
射撃!全面戦争! 吠える北朝鮮 軍事行動に踏み切るか?(産経新聞)
民家火災で女性の遺体 千葉・富津(産経新聞)

口蹄疫、責任追及より対策強化が先決…首相(読売新聞)

 鳩山首相は19日午前、宮崎県での家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、野党が赤松農相の初動が遅かったなどとして政府批判を強めていることについて、「どこに責任があるとかという話以前の問題として、まず感染の拡大を食い止めることが重要だ」と強調した。

 責任追及より防疫対策強化が先決だとの考えを示したものだ。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 自民党の石破政調会長は19日午前の記者会見で、農相が自らの対応に関し「反省するところはない」と発言したことに対し、「結果責任がある。非常に見苦しい」と批判した。

小沢氏、参院選へ支持要請=郵政法案成立を約束、局長総会出席(時事通信)
過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし(産経新聞)
<雑記帳>ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
国民投票法、18日に施行=憲法改正原案、提出可能に―審査会休眠で審議できず(時事通信)
小沢氏、参院選へ支持要請=郵政法案成立を約束、局長総会出席(時事通信)

エア・ドゥ機 主翼の部品脱落(産経新聞)

 新千歳空港事務所は13日、12日夜に羽田から札幌に到着した北海道国際航空(エア・ドゥ)のボーイング767の左側主翼のスラット(高揚力装置)の部品が脱落していたと発表した。飛行中に異常が表示されたが通常通り着陸し、けが人はなかった。同社は同型機の点検を実施。修理のため、16日まで欠航便が出る見通し。同事務所とエア・ドゥによると、部品は縦30センチ、横20センチのアルミ製パネル。離着陸の際に機体を安定させるため主翼の前側に計12枚設置されているが、うち1枚の付け根部分のシャフトが折れ、パネルがなくなっていた。

<国民新党>地方経済再生へ年3兆円 参院選マニフェスト案(毎日新聞)
大江参院議員、幸福実現党入りへ(時事通信)
<命を削る>高額医療の断面 負担軽減、届かぬ情報(毎日新聞)
学校の認識不十分 江戸川虐待死 都審議会が最終報告(産経新聞)
高浜原発で冷却水漏れ=2号機配管溶接部から-福井(時事通信)

歌舞伎座 御名残四月大歌舞伎が千秋楽 30日には閉場式(毎日新聞)

 建て替えのために4月いっぱいで閉場となる歌舞伎座(東京都中央区)の「さよなら公演」の最後を飾る「御名残四月大歌舞伎」が、28日に千秋楽を迎えた。

 1951年の開場以来、歌舞伎の殿堂として親しまれてきた劇場との別れを惜しむ観客は引きも切らず、昨年正月に始まった「さよなら公演」は毎月大入りを記録した。

 2日が初日の4月公演は3部制を取り、のべ16万2000人を動員。この日も劇場前には当日券を求める行列ができた。

 3部の最後は「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」。観客は出演者に盛大な拍手を送った。29日には物故者を悼む式典が、30日には観客を入れての閉場式が行われる。【小玉祥子】

【関連ニュース】
春の褒章:格調高い女形…歌舞伎俳優の中村時蔵さん
歌舞伎座:最終公演「御名残四月大歌舞伎」始まる
市川海老蔵:麻央との同居は「うん」父・団十郎との同役に意欲「新橋演舞場 五月花形歌舞伎」発表
東京・歌舞伎座:最終公演が始まる
今週の本棚・MAGAZINE:『和樂 5月号』

10年以上、毎月十数万円…同級生から恐喝(読売新聞)
口蹄疫疑い牛4例目=殺処分264頭に拡大-宮崎(時事通信)
フロアマットで事故13件…ブレーキ・オーバーライド・システムの導入要請(レスポンス)
81歳母親の首絞め殺害=介護疲れで心中図る? -自首の60歳長女を逮捕・警視庁(時事通信)
タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。